セクハラ自動車学校

お年玉でお姉ちゃんを買ってみた 有栖川煉


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

≪無料立ち読みはこちら!≫

親なるもの断崖が読める唯一の場所とは?

「親なるもの断崖」マンガの第1部および第2部での感想・口コミ

曽根富美子氏による傑作「親なるもの断崖」マンガの第1部および第2部での感想・レビュー・口コミ・評判・評価を集めましたので、ここにその一部をご紹介しましょう。

先ずは営業職の24歳の男性によう感想などです。

曽根富美子さんの漫画は、以前にパニック母子関係を読んだことがあったので知っていました。

あのマンガも非常に衝撃的ではあったものの、社会的に勉強にもなると思いつつ好きなマンガの一つになったのです!



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

≪無料立ち読みはこちら!≫


今回この「親なるもの断崖」を読んでかっての日本の“闇の部分”を自分自身で見ることができた思いがします。

大体においてノンフィクションで実話というのが非常に辛いですが、なんと16歳で自分の身体を売春行為として売らないといけないという宿命を背負った少女達は、

本当に可哀想であり壮絶きわまりなくのですが、仕方ないことなどと言ってよいのでしょうか?

でも必死に生きないといけないという状況は違えども、現在も昔もまったく変わらないものだとつくづく感じました。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

≪無料立ち読みはこちら!≫


ストーリー第1部ではいきなり松恵が死んでしまうのですが、本当に過酷で悲惨な時代だったのだと強く思いました。

こんなことが実際にあったこと自体が非常な驚きです。映画などにしても非常に面白くて大きいショックを与えるものと痛感した次第です!

次いでは32歳の主婦による感想をご紹介しましょう。

自分自身がこの主人公の少女のようなことをしないと生きていけないと思ったら・・・、なんと非常に悲しくなって涙がとめどなくあふれてきて止まりませんでした。

16歳という若い乙女として自分の処女を失わねば生きないといけないなんてあまりにも酷いことです。 少し落ち込んでしまいまいたが、内容そのものには結構ハマってしまいました。

すっかり曽根富美子さんの強いファンになり、ひともほかの作品も読んでみたくなりました。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

≪無料立ち読みはこちら!≫


そして第2部で出てくる道生についても、とても可哀想になってきました。

女郎部屋で客を取らされていた醜女の道子は、なんと梅毒に感染してしまうものの、この時代も女性としての容貌つまり容姿や器量が非常に大切なのだと考えさせられました。

なお本書の重版予定などはないセクハラ自動車学校みたいですから、インターネットで読めて本当に良かったです!小説版もあれば読んでみたいなと思っています。


続いては16歳の女子高校生による感想などを述べてみましょう。

ネットでこの「親なるもの断崖」というマンガを見つけたので、評価も高かったこともあって早速読んでみました。

相当にダークなストーリーであってかなり引いちゃったのですが、現在では想像もできないような日本の色んな昔の“事実”には、深く考えさせられてしまいました!

このような時代に生まれていたら、本当に女性は大変で悲惨だったのだろうなと思います。

自分と同年齢でお金も無くてほとんどご飯なども食べられずに、まったく知らない人とエッチつまり性行為をするなんて想像すらできないことのです!

最終話の2部では生き残った女郎が産んだ子供の道生が出てきますが、1部そして2部とも涙なしに読めないですね。

しかし、今回のマンガによってこのような時代の日本の“”を知ることができて良かったです!



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

≪無料立ち読みはこちら!≫




サブコンテンツ
お年玉でお姉ちゃんを買ってみた
根暗少年の復讐ハーレム調教計画

このページの先頭へ